医局員募集はこちら

医局員募集はこちら

12グループはこちら

12グループはこちら

教育と研修 イメージ 教育と研修 イメージ

HOME  /  NEWS 新着情報

NEWS 新着情報一覧

2014-10-31

第41回日本小児栄養消化器肝臓学会

 

10月11〜12日、東京で第41回日本小児栄養消化器肝臓学会が開催されました。

 

口演

栁忠宏助教

「小児期発症炎症性腸疾患の治療に関する全国調査~タクロリムス、シクロスポリン」

江田慶輔助教

「発症前型Wilson病年少児例に対する亜鉛単独療法-長期的な有効・安全性と治療指標-」

 

小児の栄養、消化器病、肝臓病に関わる医師、看護師が集まる学術総会です。今回は、柳忠宏助教が、厚生労働省炎症性腸疾患研究班の一端となる全国調査の報告を行い、江田慶輔助教は、Wilson病について、当科の水落建輝先生らが報告した論文(Mizuochi T et al.JPGN 2011)の長期報告を行いました。

READ MORE

2014-10-29

第481回日本小児科学会福岡地方会例会

10月11日、第481回日本小児科学会福岡地方会例会が福岡市で開催されました。

 

座長

松石豊次郎教授、工藤嘉公助教

 

口演

岸本慎太郎助教

「Down症候群・心室中隔欠損症術後の25歳女性の意識消失」

七種朋子助教

「Menkes病:早期診断の重要性」

坂本浩子先生(聖マリア病院)

「PRESを発症したHenoch-Schönlein紫斑病(HSP)の1例」

三宅淳先生

「間質性肺気腫に対して選択的片肺換気療法が有効であった1例」

 

一般演題24題。三宅淳先生は小児科医として初の学会デビューとなりました。

READ MORE

2014-10-27

NICUマニュアル(第5版)

 

 

 

NICUマニュアル第5版が、金原出版より7560円(税込み)で発売されております。新生児医療連絡会編集で、前野泰樹准教授、岩田欧介准教授、木下正啓助教、津田兼之介助教が執筆に加わっております。日本全国のNICUでもっとも使われている教科書の一つです。

 

本書は1989年の初版発行以来、新生児医療の発展とともに歩んできた。第5版となる今版では、一刻を争うNICUの現場で「まずなにをすべきか なにを考えるべきか」を具体的な方法で明示すべく、すべての項目を刷新し、全編書き下ろしとした。見やすいフォーマットとわかりやすい内容で、素早く知り たい情報を参照できる。周産期・新生児医療の明日をつなぐ知の結晶がここにある。(金原出版HPより抜粋)
 

READ MORE

2014-10-24

第48回日本小児内分泌学会

 

9月25-27日、浜松市で第48回日本小児内分泌学会が開催されました。

 

ポスター

八ッ賀秀一助教

「健康日本人の血漿FGF21値の検討」

佐々木孝子先生(公立八女総合病院)

「神経性食思不振症に甲状腺機能亢進症を合併した1例」

 

近年、遺伝学の進歩のめざましいのはご承知の通りです。特に小児内分泌領域は、遺伝疾患も多く、ゲノムインプリンティングをはじめ遺伝学の重要性は切り離せず小児内分泌では必須の学問となっています。新しい遺伝知識・臨床知識を共有でき、日々の臨床で応用できる学会であり、明日から患者さんに還元できるものと考えております。

READ MORE

2014-10-22

第62回日本心臓病学会

9月26-28日、仙台市で第62回日本心臓病学会が開催されました。

 

ポスター

須田憲治准教授

「治療適応のある心房中隔欠損の診断における学校心臓検診の意義」

 

成人の循環器の学会のためどうしても小児科領域は少ないですが、成人先天性心疾患もシンポジウムとしてとりあげられました。

READ MORE

2014-10-20

Annual ESPE meeting 2014

 

9月18-20日、アイルランド・ダブリンで53rd Annual ESPE (European Society of Paediatric Endocrinology) meetingが開催されました。

 

ポスター

八ッ賀秀一助教

「Growth Differentiation Factor 15 and Fibroblast Growth Factor 21: Novel Biomarkers for Mitochondrial Diseases」

佐々木孝子先生(公立八女総合病院)

「A Case of 46,Y,dup(x)(p21.2p22.2) DSD Caused by Overexpressed DAX1」

 

欧州だけでなく、アジアやアメリカ大陸からも参加する欧州小児内分泌学会です。多くの基調講演やワークショップの他、90の口演、1017のポスター発表が行われました。

Meet the expertというセッションでは、その疾患のエキスパートから、臨床的な話しを聴くことができ、明日からの臨床に役立つ情報が満載です。

READ MORE

2014-10-17

感染・予防接種グループ・後藤憲志助教がRKBの取材を受けました

10月7日、感染・予防接種グループチーフの後藤憲志助教が、RKBにより水痘ワクチン定期接種化に関する取材を受けました。

 
日本小児科学会は以前から水痘ワクチン2回接種を推奨していましたが、1本1万円近いワクチンの任意接種(自費接種)では、理想とされる高い接種率は望めませんでした。平成26年10月1日から水痘ワクチンが定期接種化されたことで、接種対象者は無料で接種を受けることができます。水痘ワクチンは安全性・有効性の面で非常に優れたワクチンであり、感染予防や重症化予防に効果的です。
 
取材の内容は、10月15日のRKB毎日放送「今日感ニュース」内で放送されました。水痘の危険性やワクチンの重要性について分かりやすく解説されて、今後の水痘ワクチン接種率向上に寄与していくものと考えています

 

READ MORE

INFORMATION お知らせ

  • 7月小児科Grand Rounds
  • [7月7日(金)]
    第17回日本あかちゃん学会学術集会
    久留米シティプラザ 17時30~19時30 
    プレコングレス・GR共同開催
    「保育者と子供が心地よく関わり合える環境空間を考える。」  
    演者:Pro. Dr Martin Stein UCSD小児科
  • [7月14(金)]
    「第13回久留米小児感染症研究会」
    ホテル創世 2F 18:40-20:30
    一般講演
    「心筋炎で紹介となったヒトパレコウイルス1型感染症の乳児例」
    演者:井手水紀先生 (久留米大学小児科 助教)
    「胆石を伴った肺炎球菌菌血症の1例」
    演者:升永憲治先生(久留米大学医療センター小児科 講師)
    特別講演
    「これまで行ってきた感染症研究について:RSV感染症を中心に」
    演者:田代克弥先生 (佐賀大学小児科 准教授)
  • [7月21日(金)]
    「感染症診療における遺伝子検査の重要性」
    演者:産業医科大学 保科隆之講師
    キーワード: 16SrRNA遺伝子、クローンライブラリー法、細菌叢解析
    (進行:後藤憲治)
  • [7月28日(金)]
    「タイトル未定」
    演者:Prof. Dr. K.A.Shakoor MD
    Prof.and Director ATMC Hospital Isra University Karachi.
    キーワード: DPC、ICD-10、マネジメント
    (進行:山下裕史朗)
  • 医局だより
  • 医局見学や相談をいつでも受け付けています。医局長の大園秀一までご連絡ください。
Copyright(C) by the Department of Pediatrics and Child Health Kurume University School of Medicine.All Rights Reserved.