医局員募集はこちら

医局員募集はこちら

12グループはこちら

12グループはこちら

教育と研修 イメージ 教育と研修 イメージ

HOME  /  NEWS 新着情報

NEWS 新着情報一覧

2022-02-19

論文掲載報告

消化器グループの坂口廣高助教が筆頭著者の原著論文が、
Hepatology Research誌(IF=4.288)にオンライン掲載されました。
 
Serum matrix metalloproteinase-7 in biliary atresia: A Japanese multicenter study
 
乳児早期に黄疸や白色便でみつかる難治性肝疾患の胆道閉鎖症に関して、新しい診断マーカーを検討した報告です。
血清中のMMP-7(matrix metalloproteinase-7)が胆道閉鎖症の診断に有用であることを、日本の多施設で検討した興味深い報告です。
胆道閉鎖症は、小児肝移植の最多適応疾患であり、肝移植を回避するには早期診断が重要なため、臨床現場に還元できる可能性が高い大変有意義な研究成果です。

READ MORE

INFORMATION お知らせ

  • 10月小児科Grand Rounds
  • [10月7日(金)]★配信あり
    演題:「移植医療を必要とする子どもたちのために」
    演者:九州大学小児外科 准教授 松浦 俊治 先生
    キーワード:小児肝移植、小腸移植、門脈体循環シャント
    (進行:水落 建輝)
  • [10月14日(金)]★配信あり
    演題:「明日からすぐに使える医学教育のあれこれ」
    演者:飯塚病院総合診療科/JACRA (日本チーフレジデント協会) 代表 小杉 俊介 先生
    キーワード:モチベーション、期待(expectation)、反転授業(Flipped classroom)
    (進行:高瀬 隆太)
  • [10月21日(金)]★配信あり
    演題:「なぜ力が入らないのだろう- 筋電図、神経伝導検査でなにがわかるか?」
    演者:神戸市立医療センター中央市民病院 幸原 伸夫 先生
    キーワード: 複合神経活動電位、運動単位、神経疾患と筋疾患
    (進行:小池 敬義)
  • [10月28日(金)]★配信あり
    演題:「オミックス解析のコアとしてのプロテオーム解析:−最新の話題と今後の臨床診断応用」
    演者:かずさDNA研究所 副所長 ゲノム事業推進部長 小原 收 先生
    キーワード: オミックス解析、プロテオゲノミクス、新生児スクリーニング
    (進行:西小森 隆太)
  • Grand Rounds オンライン配信
    現在はカンファランス室でのGR開催に加え、Zoomによるオンライン配信を行っています。個人のPCからGrand Roundsに参加することが可能ですので是非御参加下さい。
    参加を予定される先生はカンファ係のメールアドレスまでメール頂ければ、参加の招待メールを返信させていただきます。
    カンファ係メールアドレス
    yugekotaro@med.kurume-u.ac.jp

    オンライン配信におけるセキュリティーに関して
    演者の先生方にも秘密保持、個人情報には配慮頂くようにお願いしております。参加の先生方も招待メールの転送、講演の撮影などはお控えください。
    また参加される場合は名前の入力講演前後のビデオ・オンをお願いいたします。
Copyright(C) by the Department of Pediatrics and Child Health Kurume University School of Medicine.All Rights Reserved.