医局員募集はこちら

医局員募集はこちら

12グループはこちら

12グループはこちら

教育と研修 イメージ 教育と研修 イメージ

HOME  /  NEWS 新着情報

NEWS 新着情報一覧

2020-03-31

書籍を発刊しました。

永光信一郎准教授は、研究代表者を務める厚労科研成育疾患克服事業

『親子の心の診療を実施するための人材育成方法と診療ガイドライン・保健指導プログラムの

作成に関する研究班(永光班)』にて、2冊の書籍を発刊しました。

 

・産婦人科医、小児科医、精神科医、心療内科医のための親子の心の診療マップ 

・親子の心の診療に関する多職種連携マニュアル

周産期から思春期までの親子の心の診療ガイドラインおよび連携のマニュアルが記載されています。

READ MORE

2020-03-27

石原潤先生、副病棟医長、消化器グループ病棟係お疲れ様でした。

消化器グループ病棟係 石原潤先生が本日までで大学勤務を終了します。

この半年は、副病棟医長としても、朝カンファの進行、病棟調整、

病棟医の指導など、病棟医長を大いに支えながら、大活躍してくれました。

4月からは大牟田市立病院へ異動します。

新天地でも益々活躍してくれることでしょう。頑張って下さい。

READ MORE

2020-03-24

ジュニアレジデント山川祐輝先生に聞きました。

“山川

1.大学勤務はどうでしたか?

長期入院の児やその両親との関係性の築き方を知ることが出来ました。

大学特有の疾患を勉強することが出来ました。

処置の準備の大切さを学べました。

 

2.大学勤務を通して、興味が沸いた専門分野は出てきましたか?

これからしっかり考えようと思います。

 

3.改善して欲しい点はありますか?

前期研修が市中病院だったので、大学勤務は本当に刺激が強く、貴重な1年を過ごせました。

とにかく忙しくて、ゆっくり勉強するという時間が作れなかったことが残念でした。

今後に生かしたいと思います。

 

山川先生は4月から大分こども病院に異動します。更なる活躍を期待しています!!

READ MORE

2020-03-20

ジュニアレジデント宮崎裕之先生に聞きました。

“宮崎 裕之”

 

1. 大学勤務はどうでしたか?

大学病院での研修を終えて感じたことは、患者さんの疾患がとても多岐にわたり

 

小児科の領域は改めて学ぶべき範囲が広いということです。

専門性が高く、勉強する際に途方に暮れる事もありました。

しかし専門の先生方との距離が近いことでコンサルトしやすい環境にあり、とても心強いと感じました。

大学病院は忙しく、また患者さんも多いため自分の勉強の時間を確保することは難しい日々でしたが、

大学病院でした味わうことのない数多く経験できたことは自分にとって糧になったと感じています。

 

2.大学勤務を通して、興味が沸いた専門分野は出てきましたか?

それぞれの分野の先生との距離が近く、専門知識を教えていただける環境であったため、

それぞれ興味が湧きました。なので中々絞ることは難しいと思います。

また市中病院に出てみることで見え方も変わってくると思いますので、ゆっくりと考えていこうと思います。

 

3.改善して欲しい点はありますか?

とにかく忙しく、勉強が追い付かなかったのがもったいないと感じる点です。

自分で行う教科書的な勉強はなかなか限界もあると思うので、

先生方から講義などしていただければより理解が深まるのかもしれません。

 

宮崎先生は4月から聖マリア病院へ異動します。更なる活躍を期待しています!!

READ MORE

2020-03-17

ジュニアレジデント松行圭吾先生に聞きました。

“松行 圭吾”

 

1.大学勤務はどうでしたか?

沢山の患者さんを担当させて頂き、多彩な知識を得ることができました。

また、将来の自分の専門をどうしたいかについてより深く考えることができました。

その中で患者さん毎の学びをきちんとまとめていけたら良かったと思います。

 

2.大学勤務を通して、興味が沸いた専門分野は出てきましたか?

全分野ありますが、特に血液グループです。

僕が勤務している中で、亡くなった方や予後の悪い方が特に多く、沢山のことを考える機会となりました。

自分にも何かできることはあればと考えました。

                          

3.改善して欲しい点はありますか?

病棟医を増やして頂ければ、より良い学びの環境になると思いました。

 

松行先生は4月から聖マリア病院に異動します。更なる活躍を期待しています!!

READ MORE

2020-03-13

ジュニアレジデント徳富謙太郎先生に聞きました。

“徳富

 

1.大学勤務はどうでしたか?

先生方やスタッフの方々に助けられ、忙しいながらもとても楽しく充実した一年間でした。

 

2.大学勤務を通して、興味が沸いた専門分野は出てきましたか?

小児科入局以前は苦手意識を感じていた領域も多くありましたが、

実際に患者さんの診療をしながら勉強していく中でいつの間にかそうした意識も薄れ、

幅広い分野に興味を持ち、勉強する楽しみを見出すことができました。

 

3.改善して欲しい点はありますか?

特にありません。一年間大変お世話になりました。ありがとうございました。

 

徳富先生は4月から聖マリア病院へ異動します。更なる活躍を期待しています!!

READ MORE

2020-03-10

〜みんなで考えよう〜 第一回聖マリア病院&地域産科Webカンファランス

聖マリア病院で遠隔会議システムZOOMを使用して、地域産科や基幹病院と会議を行いました。

急性期の新生児仮死を遠隔支援した症例について検討を行いました。

コロナウイルスによる各種学会・研究会が自粛される真っ只中でしたが、

Webカンファランスでしたので行うことができました。

READ MORE

INFORMATION お知らせ

  • 10月小児科Grand Rounds
  • [10月7日(金)]★配信あり
    演題:「移植医療を必要とする子どもたちのために」
    演者:九州大学小児外科 准教授 松浦 俊治 先生
    キーワード:小児肝移植、小腸移植、門脈体循環シャント
    (進行:水落 建輝)
  • [10月14日(金)]★配信あり
    演題:「明日からすぐに使える医学教育のあれこれ」
    演者:飯塚病院総合診療科/JACRA (日本チーフレジデント協会) 代表 小杉 俊介 先生
    キーワード:モチベーション、期待(expectation)、反転授業(Flipped classroom)
    (進行:高瀬 隆太)
  • [10月21日(金)]★配信あり
    演題:「なぜ力が入らないのだろう- 筋電図、神経伝導検査でなにがわかるか?」
    演者:神戸市立医療センター中央市民病院 幸原 伸夫 先生
    キーワード: 複合神経活動電位、運動単位、神経疾患と筋疾患
    (進行:小池 敬義)
  • [10月28日(金)]★配信あり
    演題:「オミックス解析のコアとしてのプロテオーム解析:−最新の話題と今後の臨床診断応用」
    演者:かずさDNA研究所 副所長 ゲノム事業推進部長 小原 收 先生
    キーワード: オミックス解析、プロテオゲノミクス、新生児スクリーニング
    (進行:西小森 隆太)
  • Grand Rounds オンライン配信
    現在はカンファランス室でのGR開催に加え、Zoomによるオンライン配信を行っています。個人のPCからGrand Roundsに参加することが可能ですので是非御参加下さい。
    参加を予定される先生はカンファ係のメールアドレスまでメール頂ければ、参加の招待メールを返信させていただきます。
    カンファ係メールアドレス
    yugekotaro@med.kurume-u.ac.jp

    オンライン配信におけるセキュリティーに関して
    演者の先生方にも秘密保持、個人情報には配慮頂くようにお願いしております。参加の先生方も招待メールの転送、講演の撮影などはお控えください。
    また参加される場合は名前の入力講演前後のビデオ・オンをお願いいたします。
Copyright(C) by the Department of Pediatrics and Child Health Kurume University School of Medicine.All Rights Reserved.