医局員募集はこちら

医局員募集はこちら

12グループはこちら

12グループはこちら

教育と研修 イメージ 教育と研修 イメージ

HOME  /  NEWS 新着情報

NEWS 新着情報一覧

2015-09-30

第2回ゾンビNight! アスレチックリレーマラソン in 平尾台

 

8月22日、北九州で小児科マラソン部が第2回ゾンビNight! アスレチックリレーマラソン in 平尾台が開催されました。

 

当科から、前野泰樹准教授、海野光昭先生(飯塚病院)、石井隆大先生(社会保険田川病院)、井上忠先生(後期研修)、中嶋大介先生(後期研修)が出席しました。

18時から22時まで、暗い中をゾンビに追いかけられながら走り抜き、もう少しで入賞できそうでした。同門開業医、当院医療従事者も出場し、幅広い学年そして職種で楽しく親睦を深めることができました。

READ MORE

2015-09-28

1型糖尿病・ブルースカイサマーキャンプ

 

8月12〜16日、久留米市で1型糖尿病のサマーキャンプが開催され、佐々木孝子助教がフル参加しました。

 

医療従事者とボランティアの学生と一緒に、体質やカーボカウントの勉強、山登り、キャンプファイヤーなどをしました。このキャンプの間に、血糖測定ができるようになった児、小さい子の面倒が見れるようになった児など、5日間ですが各患児が成長できました。

 

READ MORE

2015-09-25

くるめSummer Treatment Program(STP)

8月10〜15日、久留米市で第11回くるめSummer Treatment Program(STP)が開催されました。

 

今年で11回目を迎え、ADHD(注意欠如多動症)学童24名が参加。それぞれの目標を達成して最終日のお楽しみ会に全員参加することができました。医療・心理・教育のスタッフおよび学生のべ100名が支援にあたりました。子どもたちの行動改善だけでなく、支援者の育成にも役立っているプログラムです。

READ MORE

2015-09-18

第79回日本小児神経学会九州地方会

 

8月2日、北九州市で第79回日本小児神経学会九州地方会が開催されました。

 

口演

寺澤藍子先生(聖マリア病院)

「多臓器に症状を呈し、発達遅滞、てんかんのある4か月男児」

 

年2回、九州すべての大学が症例を持ち寄り、1症例に30分以上かけて詳細に検討する、タフですがとても勉強になる学会です。神経疾患の病歴、診察所見から鑑別疾患をあげ、検査所見と合わせて確定診断に至る臨床診断学の流れを学ぶことができます。

READ MORE

2015-09-16

第15回日本内分泌学会九州支部学術集会

8月29日、大分市にて第15回日本内分泌学会九州支部学術集会が開催されました。

 

口演

牛嶋規久美先生(大分こども病院)

「選択的静脈洞血サンプリングでクッシング病と診断した5歳男児例」

 

日本内分泌学会の九州地方会です。内分泌代謝内科、小児科、婦人科、産科、脳神経外科と幅広い科にまたがり、43演題の発表が2会場で行われました。専門を始めて1年未満の牛嶋先生ですが、堂々と発表され、質疑応答もしっかりできていました。

READ MORE

2015-09-14

日本赤ちゃん学会第15回学術集会

6月27〜28日、高松市で日本赤ちゃん学会第15回学術集会が開催されました。

 

座長

岩田欧介准教授:シンポジウム・脳を中心とした新生児医療

 

シンポジウム

岩田欧介准教授:シンポジスト・脳を中心とした新生児医療

READ MORE

2015-09-11

第51回日本小児循環器学会総会

7月16〜18日、東京で第51回日本小児循環器学会総会が開催されました。

 

座長

須田憲治准教授:川崎病・冠動脈・血管

前野泰樹准教授:周産期・心疾患合併妊娠

 

シンポジウム

須田憲治准教授:Interventionに必要な画像診断

「先天性はあるいは後天性血管病変のカテーテル治療における心腔内エコーの有用性」

 

口演

前野泰樹准教授

「胎児頻脈性不整脈に対する胎児治療の前方視的多施設研究指向における実際と今後の課題」

寺町陽三先生(聖マリア病院)

「当院における術後早期にカテーテル治療を施行した症例について」

 

ポスター

工藤嘉公助教

「当院施行の成人先天性心疾患へのカテーテルインターベンションの特徴」

吉本裕良助教

「川崎病二次治療としてのγグロブリン再投与とステロイドパルス併用療法の検討」

鍵山慶之先生(聖マリア病院)

「本人・母ともに抗SS-A抗体異常高値で、出生後に進行性に上大動脈拡張を認めた先天性完全房室ブロックの1乳児例」

READ MORE

INFORMATION お知らせ

  • 5月小児科Grand Rounds
  • 場所:小児科病棟カンファランス室(病院本館6階)
    日時:毎週金曜日 18:00〜19:00
    会場:日時が異なる場合がございます。ご注意ください。
  • 〔5月10日(金)〕★配信未定
    演題:Pharmacological rescue of mitochondrial dysfunction in heart failure
    演者:Prof. Jin Han(National Research Laboratory for Mitochondrial
    Signaling Professor and Chair, Department of Physiology, College of
    Medicine, Inje University Director, Cardiovascular and Metabolic
    Disease Center,Inje University, Korea)
    キーワード:mitochondria, heart, diabetes, tetrahydrobiopterin, PGC-1alpha
    (進行:古賀 靖敏)
  • 〔5月17日(金)18:45~〕★配信あり
    演題:「神経発達症の包括的治療法を夢見て」
    演者:山下 裕史朗先生
    キーワード:神経発達症、注意欠如多動症、自閉スペクトラム症、限局性学習症、行動療法、薬物療法

    演題:「症例からはじまる研究をめざして:これまでの研究の紹介と久留米大学で目指す事」
    演者:西小森 隆太先生
    キーワード:原発性免疫不全症・リウマチ膠原病・アレルギー・症例登録・分子機序
    (進行:弓削/高瀬)
  • 〔5月24日(金)〕★配信あり
    演題:「Association between severity score, IQ and cognitive function in patients with MELAS」
    演者:向笠 理緒先生(久留米大学大学院医学研究科1年)

    演題:「L-arginine therapy at super-acute phase improved clinical symptoms, MRI abnormality and GDF15.」
    演者:古賀 靖敏先生
    キーワード:MELAS, 脳卒中様発作, 臨床評価スケール(NMDAS), 認知症, アルギニン, GDF15
    (進行:西小森/弓削)
  • 〔5月31日(金)〕★配信なし
    第505回小児科学会福岡地方会(6月8日予定)予演会
    喜多村 美幸先生「ポンペ病新生児スクリーニングで要精密6例の転帰と課題」
    古賀 木綿子先生「成長ホルモン治療中のNoonan症候群4例の経過」
    (進行:西小森/高瀬)
  • Grand Rounds オンライン配信
    2018年3月よりGrand Roundsのオンライン配信を始めました!
    聖マリア病院、飯塚病院、北九州市立八幡病院、大分こども病院、大牟田市立病院で Grand Roundsに参加することが可能です、質疑もできますので各病院近隣の先生方は是非 御参加下さい。各病院での会場は診療部長にお尋ね下さい。
    配信可能な講演には、★印をつけております。
Copyright(C) by the Department of Pediatrics and Child Health Kurume University School of Medicine.All Rights Reserved.