医局員募集はこちら

医局員募集はこちら

12グループはこちら

12グループはこちら

教育と研修 イメージ 教育と研修 イメージ

HOME  /  NEWS 新着情報

NEWS 新着情報一覧

2015-05-29

2015年度・久留米大学小児科同門会総会&懇親会 1

 

6月23日、久留米翠香園ホテルにて、2015年度久留米大学小児科同門会総会と懇親会が開催されました。

九州内だけでなく、日本全国で活躍している小児科同門の先生方、ならびに医局員が一同に会する盛大な会です。

READ MORE

2015-05-27

原宗嗣先生が筆頭著者の論文がアクセプト

 

原宗嗣先生が筆頭著者の論文、「De Novo SHANK3 Mutation Causes Rett Syndrome-Like Pehnotype in a Female Patient」が、American Journal of Medical Genetics Part A(IF=2.048)にアクセプトされました。

 

症例は25歳4か月の女性。生後6か月までの発達遅滞なし。周産期・周生期・後天性の脳障害はなく、神経代謝疾患や重度感染症の罹患歴もない。2-3歳までは運動、言語の発達を認めていた。4歳から身長・体重ともに成長の伸びが停滞。4歳半で手の合目的運動や一部の有意後の喪失が見られ、4歳10か月で絞る、口に入れる、ねじるなどの手の常同運動が出現、5歳で歩行困難となった。レッ ト症候群診断基準の最新の2010年度改訂版と照合すると、典型的レット症候群の診断要件を満たしていた。既知の遺伝子であるMeCP2, CDKL5, FoxG1遺伝子の変異はなく、SHANK3遺伝子のフレームシフト変異が本ケースの原因遺伝子として同定された。SHANK3は脳に広範に発現したシナプス足場タンパク質の一つで、グルタミン酸受容体やシナプス後部の膜タンパクとしてシナプス形成と樹状突起棘の成熟をサポートしている。

フェラン-マクダーミド症候群の原因遺伝子として知られていた同遺伝子変異のある症例では、これまで、知的障害、運動発達障害、言語発達遅滞、自閉性スペクトラム障害、統合失調症を有するケースが多数報告されている。しかし、獲得した機能の喪失に着目した報告やレット症候群の症例報告は未だない。本報告はSHANK3遺伝子変異でおこったレット症候群の世界最初の報告であり、今後の症例の集積が必要と考えられる。

READ MORE

2015-05-25

2015 PAS annual meeting

 

4月25-28日、米国・サンディエゴで、2015 PAS(pediatric academic societies) annual meetingが開催されました。

 

ポスター

廣瀬彰子先生(聖マリア病院)

「Assessment of Cerebral Blood Flow in Infants Using Pulse Doppler Flow of Middle Cerebral Artery and Superior Vena Cava」

七種護助教

「Oral Feeding But Not Gastric Tube Feeding Induces Salivary Cortisol Elevation in Newborn Infants」

進藤亮太先生(聖マリア病院)

「Humidity of Respiratory Gasses during Therapeutic Hypothermia in the Newborn Infant」

READ MORE

2015-05-22

新刊紹介

 

五十嵐隆先生が監修、神側晃先生、秋山千枝子先生が編集、総合医学社から新刊が出ました。

 

「これだけは知っておきたい!よくみる小児疾患100ーベテランに学ぶ初期対応と処方の実際ー」


分担執筆者として、山下裕史朗教授(限局性学習症/障害、注意欠如多動症/障害、自閉スペクトラム症/障害)、大園秀一先生(不登校)が参加されました。

READ MORE

2015-05-20

寺町陽三先生が筆頭著者の論文がアクセプト

 

寺町陽三先生(聖マリア病院)が筆頭著者の論文「Transpulmonary Echocardiography to Guide Stent
Implantation into Coarctation of the Aorta
」がEchocardiography-A Journal of Cardiovascular Ultrasound and Allied Tecniques(IF=1.254)にアクセプトされました。

 

心腔内エコー(ICE)を肺動脈に留置し、大動脈縮窄の患者に対するステント留置術のガイドとして用いたという内容です。一連のICEの新規使用法の三部作論文の最後になります。合併症としての大動脈瘤や解離の早期発見につながる可能性があります。

READ MORE

2015-05-18

AAN 2015

 

4月18ー25日、米国・ワシントンD.C.で、AAN 2015(American Academy of Neurology)のAnnual Meetingが開催されました。

 

ポスター

古賀靖敏教授

「GDF15(Growth Differentiation Factor 15)is the new biomarker for muscle-related mitochondrial diseases」

 

2万人が集まる世界最大の臨床神経領域の学会に、古賀靖敏教授が参加してきました。1週間、朝7時からレクチャーがあり、専門医を取得するためのクレジット取得に、会場は早朝から夜19時過ぎまで多くの参加者で溢れていました。

横幅200mはあろうかという大ホールでの講演は圧巻でした。

READ MORE

2015-05-15

第88回日本内分泌学会学術総会

4月23-25日、東京で第88回日本内分泌学会学術総会が開催されました。

 

ポスター

八ツ賀秀一助教

「FGF21の日本人における基準値の検討」

佐々木孝子助教

「小児低身長に関する保健師、看護師、学校教諭の意識調査」

牛嶋規久美先生(大分こども病院)

「CHARGE症候群に性別違和(GD: Gender Dysphoria)を合併した一例」

 

この学会は、成人内科の内分泌科医だけでなく、腎臓内科医、小児内分泌科医、産婦人科医、脳神経外科医、内分泌外科医、内分泌関連基礎医学者など、多種多様なプロフェッショナルが一同に介して、活発な討議を行っております。

READ MORE

INFORMATION お知らせ

  • 7月小児科Grand Rounds
  • [7月7日(金)]
    第17回日本あかちゃん学会学術集会
    久留米シティプラザ 17時30~19時30 
    プレコングレス・GR共同開催
    「保育者と子供が心地よく関わり合える環境空間を考える。」  
    演者:Pro. Dr Martin Stein UCSD小児科
  • [7月14(金)]
    「第13回久留米小児感染症研究会」
    ホテル創世 2F 18:40-20:30
    一般講演
    「心筋炎で紹介となったヒトパレコウイルス1型感染症の乳児例」
    演者:井手水紀先生 (久留米大学小児科 助教)
    「胆石を伴った肺炎球菌菌血症の1例」
    演者:升永憲治先生(久留米大学医療センター小児科 講師)
    特別講演
    「これまで行ってきた感染症研究について:RSV感染症を中心に」
    演者:田代克弥先生 (佐賀大学小児科 准教授)
  • [7月21日(金)]
    「感染症診療における遺伝子検査の重要性」
    演者:産業医科大学 保科隆之講師
    キーワード: 16SrRNA遺伝子、クローンライブラリー法、細菌叢解析
    (進行:後藤憲治)
  • [7月28日(金)]
    「タイトル未定」
    演者:Prof. Dr. K.A.Shakoor MD
    Prof.and Director ATMC Hospital Isra University Karachi.
    キーワード: DPC、ICD-10、マネジメント
    (進行:山下裕史朗)
  • 医局だより
  • 医局見学や相談をいつでも受け付けています。医局長の大園秀一までご連絡ください。
Copyright(C) by the Department of Pediatrics and Child Health Kurume University School of Medicine.All Rights Reserved.