医局員募集はこちら

医局員募集はこちら

12グループはこちら

12グループはこちら

教育と研修 イメージ 教育と研修 イメージ 教育と研修 イメージ 教育と研修 イメージ

HOME  /  EDUCATION 教育と研修  /  KIOSK キオスク

KIOSK キオスク

久留米大学小児科では、研修医の皆さんから評価の高い、独自の研修カリキュラムがあります。
北部九州で特に人気のある関連病院で、救急医療、プライマリ・ケアを中心に研修します。
関連病院の頭文字をとってKIOSK(キオスク)プログラムと呼んでいます。
新入医局員には、教室で作成した後期研修医のための「目標プログラム・ノート」を配布し、どの病院で研修を受けても、偏りのない一定の研修レベルに達することを大きな目標としています。プライマリー・救急研修の真の実力を身につけたい研修医にとっては非常に優れたプログラムです。これらの教育施設で研修すれば、どんな重症の患者がきてもたじろぐことなく対応できる能力が養われます。どこへ行っても通用する、いわゆる「独り立ち」ができます。
KIOSK以外の関連病院も、それぞれ魅力ある教育プログラムが充実しています。
関連病院の特徴は、KIOSKもしくは関連病院をご覧ください。

  • 久留米大学(K)
  • 豊富な指導医、12の専門診療グループ
    海外留学を経験した指導医が多く、グローバルな視点で教育を受けることができる。小児科外来に総合診療部を設置、新たに小児救急も発足。高度先進医療や先端研究を経験することができる。
    http://www.ped-kurume.com/

    久留米大学医療センターでも研修を受けることが可能。
    http://iryo.kurume-u.ac.jp/
  • 飯塚病院 (麻生飯塚病院)(I)
  • 総合診療による研修制度を全国に先駆けて導入、海外との交流も活発に行い充実した研修制度を確立している。長年にわたって、地域医療を担う医師の育成に取り組み、高い評価を受けている。近年、開業小児科医師が夜間救急を支えて、研修医を指導する“地域連携ささえあい医療”で注目を集めている。地域周産期母子医療センターも開設され、新生児の研修も可能。プライマリ・ケア、小児救急を経験することができる。

    http://aih-net.com/
  • 大分こども病院(O)
  • 大分医療圏の1次2次小児医療の大きな一端を担うこども病院。院長の方針に則り24時間体制の小児救急医療と小児のトータルケアをめざしている。小児救急の他にも、予防接種外来、乳児検診、病児保育を小児科医としての重要な役割と位置づけ、外来小児科学をはじめとした実践的な小児医療の研修を行っている。

    http://www.oita-kodomo.jp/
  • 聖マリア病院(S)
  • 小児の救急、プライマリ・ケア、および新生児の医療でも全国に知られている。豊富な症例数が経験でき、脳炎後の脳低温療法など小児の全身管理を学ぶ事ができる。
    小児循環器も、九州で最も多いカテーテルインターベンション数をこなす。当病院を中心とした筑後エリアの広域小児救急は、患者さんを待たせる時間も短く、高い評価を受けている。プライマリ・ケアから小児救急、周産期医療を包括的に経験することができる。

    http://www.st-mary-med.or.jp/
  • 北九州市立八幡病院(K)
  • 小児救急センターを設置し、24時間、365日開設している。小児内科疾患から事故外傷を含めた外科疾患、脳外科疾患まで小児科医が主治医で担当、プライマリ・ケアの研修も充実。年間4万6千人の子どもが外来を受診。1日80人以上の子どもが常に入院し豊富な症例数の経験可能。小児救急のメッカとして全国的に注目されている。プライマリ・ケア、さらには外傷までみる小児救急を経験できる数少ない施設である。

    http://www.yahatahp.jp/

MESSAGE 中川先生挨拶

-なぜ小児科に?

子どもが好きだから。これが一番です。
医師を志したときから小児科をイメージしていました。「小児科が不足している」というニュースを見聞きして、社会で役に立つ仕事をしたいという気持ちもありました。

-学生時代は、久留米大学をどう思っていましたか?

学生時代は、医学のことなんて、まったくわからなかったです。久留米大学小児科のことは「マンモス医局だな」それだけ知っていました。学生のときは3回、久留米大学の見学に行きました。見学のときは、岡松先生に面倒をみていただきました。そのときから、先生たちの雰囲気がすごくいいなと思っていました。

-初期研修を聖マリア病院にしたのは?

学生時代から小児科に興味があったので、1番の理由は小児をたくさん診れる病院がよかったということです。マリアは小児救急も盛んですので、研修医時代になるべく多くの経験をしておきたいという気持ちがありました。

-坂本先生は、初期研修が聖マリア病院で、そのまま聖マリア病院に進むこともできたのに、なぜ、あえて久留米大学小児科に入局したのでしょうか?

マンモス医局だけに関連病院が多い所に魅力を感じました。また、研修医時代に聖マリア病院小児科で出会った久留米大学小児科所属の先生方もすごく魅力的な先生方ばかりで、この先生方とまたどこかで一緒に仕事をさせてもらえたらな、と感じたのも理由です。

-入局して2年目ですが、この1年間を振り返ってみて、どうでしたか?

わからないことだらけで、がむしゃらでしたね。初期研修の2年間は、どこか学生時代の延長という気持ちがありました。わからないことは、何でも聞けますし。
入局すると、さすがに初期の頃と同じというわけにはいかないので、目の前の課題を必死にくらいつく、そんな1年間でした。もちろん大変なときもありましたが、同期も多いし、お互いがんばろうって感じで。
がむしゃらにやってきましたが、退院していく子どもたちの笑顔を見ると嬉しかったです。そしてお母さんたちが退院していくとき、ホッとした顔で「ありがとう」と言われると、小児科を選んでよかったなと思います。

-久留米大学小児科では、生活改善に取り組んでいるそうですが、実際のところはどうですか?

最近は、生活改善委員会などの取り組みにより、オンとオフの切り替えがはっきりできていい感じだと思います。私も同僚も、休める日が増えました。
それと、人事異動に関しては、希望がすべて叶わないこともありますが、医局長が最大限、私たちの希望を聞いてくれます。他では、なかなかこうはいかないのではないでしょうか。「医局の意向に逆らえない」という所が多いと思うので、これはとてもありがたいですね。女性にとっても働きやすい職場を作ろうという意気込みが感じられます。

-あなたの後輩が、久留米大学に入局しようか、市中病院に行こうか、悩んでいるとしたら、 どんな理由で「久留米大学においでよ!!」と誘いますか?

責任あるポジションで働いているときに、「この病気のことは、あの先生に聞けばいいな」こういった人脈はとても大事ですね。外来や治療方針でわからない症例など、専門領域の患者さんに出会って困ったときに、気軽に専門グループの先生に相談できるのが、今の自分の一番の強みだと感じてます。久留米大学小児科みたいなマンモス医局なら、人脈も自然に増えますし。あと同期が多い方が、励みになって良いです。「目先のことだけ考えないほうが良いよ!とりあえず来週、見学においでよ!」と言いますね。

TRANING 坂本浩子先生 TRANING 坂本浩子先生

SENIOR 聖マリア病院

久野 正(診療部長) / 滋賀医科大学 1994年卒業

最近は重症新生児仮死に対する低体温療法も積極的に行っています。出生より生後1ヶ月の新生児が外来および入院の対象です。 入院数は434名、院外出生が223名、自院救急車搬送入が137人(2012年)。
早産低出生体重児から病的新生児まで幅広く診療できます。早産児の呼吸循環管理や栄養管理といった集中治療はもとより外科疾患(心臓、消化器、脳など)の術前術後のケアも経験できます。

KIOSK キオスク 久野 正

岡田 純一郎 / 川崎医科大学 2002年卒業

現在の聖マリア病院新生児科の年間入院数は最盛期と比べて約半数に減少し、また医療集約化のもと、久留米大学病院は胎児診断がなされている児や、超早産児を主に診療の対象とする一方で、当院は28週以上の児を診療対象とし、更に筑後地域を主とした院外出生児の新生児搬送も行っています。
院外出生児に関しては、これまで先天性横隔膜ヘルニアを含めた外科疾患、先天性心疾患、先天代謝異常症などの病児が入院となり、搬送先での初期対応から一般管理まで、多彩な症例に併せた種々の管理法について経験を積むことが可能です。 また、過去3年間において血液浄化療法やECMOなどの治療経験もあります。

KIOSK キオスク

CONNECTION 関連病院

EDUCATION 教育と研修

Copyright(C) by the Department of Pediatrics and Child Health Kurume University School of Medicine.All Rights Reserved.