医局員募集はこちら

医局員募集はこちら

12グループはこちら

12グループはこちら

教育と研修 イメージ 教育と研修 イメージ

HOME  /  NEWS 新着情報  /  第42回日本小児栄養消化器肝臓学会

NEWS 新着情報

2015-11-30

第42回日本小児栄養消化器肝臓学会

 

10月16〜18日、広島市で第42回日本小児栄養消化器肝臓学会が開催されました。

 

座長:「消化管アレルギー」

牛島高介准教授

 

シンポジウム:「胆道閉鎖症の病因は?」

水落建輝助教

「胆道閉鎖症と免疫異常」

 

口演

水落建輝助教

「胆道閉鎖症モデルマウスにおけるIL-1シグナルのMechanistic Study」

「乳児難治性下痢症に対する遺伝子解析研究の立ち上げ」

江田慶輔助教

「小腸粘膜組織の特殊染色と電顕所見から診断に至った微絨毛封入体病の1例」

髙木祐吾助教

「当科における小児潰瘍性大腸炎の特徴と治療法の推移」

栁忠宏先生(麻生飯塚病院)

「IL10RA遺伝子の新規splice site変異は乳児期発症炎症性腸疾患を引き起こす:IL-10受容体欠損症の1例」

白濵裕子先生(公立八女総合病院)

「低コレステロール血症を伴う乳児難治性下痢症からカイロミクロン停滞症と診断した乳児例」

松石登志哉先生(北九州市立八幡病院)

「急性腹症を繰り返した右傍十二指腸ヘルニアの13歳男児例」

 

消化器グループを中心に8つの演題を発表しました。久留米大学小児科は今回の学会で最も発表数の多い施設の1つでした。IL-10シグナル異常症と先天性下痢症の遺伝子診断システムの発表は、本邦で初めての試みでフロアからの反響が非常に大きく盛り上がりました。

READ MORE

INFORMATION お知らせ

  • 7月小児科Grand Rounds
  • 7月5日(金) 18時 ★配信あり
    演題:「頻度の高い先天性心疾患の血行動態」
    演者:久留米大学小児科循環器G 清松 光貴先生
    キーワード:シャント,心不全,チアノーゼ
    演題:「先天性心疾患の術後管理」
    演者:久留米大学小児科循環器G 山川 祐輝先生
    キーワード:人工心肺,術後集中治療,姑息手術
    (進行:鍵山/島田)
  • 7月12日(金) 日本小児循環器学会学術集会のため休会
  • 7月19日(金) 18時 ★配信あり
    演題:「それでも小児科専門医になる君を応援する」
    演者:久留米大学小児科 専門医支援委員会委員長 大園 秀一先生
    キーワード:小児科専門医,日本専門医機構,プログラム制
    (進行:鍵山/島田)
  • 7月26日(金) 18時 ★配信あり
    演題:「初心者のための臨床研究と英語論文の進め方〜症例報告から原著論文まで〜」
    演者:久留米大学小児科 主任教授 水落 建輝先生
    キーワード:研究デザイン,英文誌とIF,英文校正
    (進行:鍵山/島田)

  • Grand Rounds オンライン配信
    本年度よりGRの配信に関して、セキュリティーや、講師の先生への視聴対象のご説明の観点より、Web視聴の対象を久留米大学小児科医局員同門会の先生に限定させていただくこととなりました。尚、久留米大学小児科の会場ではどなたでもご講演を聞いていただけるようにしております。久留米大学小児科同門の先生で、Zoomで配信ご希望の方は、カンファレンス担当(下記)までご連絡ください。

    カンファレンス係
    久留米大学小児科
    鍵山 慶之
    kagiyama_yoshiyuki@kurume-u.ac.jp
    島田 翔
    shimada_shou@med.kurume-u.ac.jp

    オンライン配信におけるセキュリティーに関して
    Zoom ID&PWを受けられた方はその管理にはご配慮よろしくお願いいたします。招待メールの転送、講演会の撮影、録画はお控えください。 また視聴時はこれまで通り所属、氏名わかるようにしてご視聴をいただき、講演開始と終了時にはビデオをオンにお願いいたします。

月別の記事

Copyright(C) by the Department of Pediatrics and Child Health Kurume University School of Medicine.All Rights Reserved.